販売力強化セミナー 特設ページ > 売上をつくる!ブランドのつくり方


売上をつくる! ブランドのつくり方

競合との差異をハッキリさせるための一番大事なこと!

概要


着実に市場シェアと売上を高めるための、地に足ついたブランド戦略推進の勘所をご紹介します。

 

 

内容


 市場の変化を勝ち抜くための新たな競争戦略として、ブランディングの重要性が増してきています。そして、企業を取り巻く環境は、これまで、ブランディングが注目されてこなかったBtoB企業においても注目せざるを得ない状況へと変化しつつあります。


他社との差別化戦略や認知度向上策に困っていませんか!


 さて、ここ最近のニュース見出しです。

  • 目標の6倍受注 新型レクサス、巧みな動画プロモ
  • 無印良品、「店×ネット」で客単価2倍
  • 住商、ネットスーパー撤退 生鮮食品の注文伸びず
  • 西友、ネット通販を拡大
  • 富士通と旭酒造、IT活用で日本酒に適した米を生産 

 

 「レクサス」「無印良品」「住商」「西友」「旭酒造」と聞いて、どのようなイメージを持たれるでしょうか。

 

ブランドとは ...

 ブランドにかかわる表現は、いろいろあります。

  • 強いブランドだから・・・
  • ブランド力がなくて・・・
  • 知名度が低いから・・・ 


 ブランドとは知名度のことでしょうか。

 知名度は、ひとつの要素に過ぎません。ブランドとは「人が抱くイメージの差異」です。


 例えば、埼玉、東京、沖縄、神奈川という地名を知らない人は少ないと思われますので、これらの地名の「知名度は高い」ということです。


 では、住みたい都道府県はどこですか?と尋ねられればいかがでしょう。

 ある調査の結果では、1位「東京」、2位「沖縄」、3位「神奈川」でした。

 

「埼玉」が圏外であることに注目してください。


住んでみたい都道府県のイメージの差異。

これがブランドです。


活気、おしゃれさ、利便性、清潔さ、安全、安心などのイメージを塊として感じとっているのです。

 

 

 

 企業ブランド、商品ブランド、サービスのブランドの場合はどうでしょう。


 企業、商品やサービスに対する

  • 様々な情報
  • 情報を伝達するメディアの特性
  • 顧客の経験、意思思想 などのあらゆる概念が、

同じカテゴリーの中の、他の企業、商品やサービスと差異化され、

その結果として顧客が抱くイメージ。それがブランドと言えます。



 また、顧客にとってのブランドの役割と、企業にとってのブランドの役割は異なります。


 したがって、企業がブランド力を高めようとする際は、顧客にとってのブランドの役割を理解して、ブランドのイメージを届け続ける必要があります。

 


ところで、自社のことを思い浮かべてみてください。


 貴社のブランドイメージはどのようなものですか。

  • 技術力
  • 品質
  • 企画・開発力
  • 高級感
  • 高機能
  • ・・・・・・


 そして、どのように届けるのがベストなのか。

 

    展示会、講演会、ホームページ、メディア取材、書籍出版 ・・・


 さらに、ブランドのイメージを定着させるために何をおこなうのか。

 

    流通チャネル、ビフォアサービス、アフターサービス





他社との差別化戦略や認知度向上策に困っていませんか!

 どれだけ商品やサービスそのものが優れていても、その価値をターゲットであるお客様に伝えることができなければ、売上にはつながりません。

 コンセプトやターゲットの設定、販売チャネルの設定など、詳細なマーケティング戦略の策定とお取引先を始めとするお客様などとの良好な関係作りが必須です。

 

 セミナーでは、企業活動やマーケティングを決定づける要素ごとに、どのように取り組むべきなのか、そのポイントをご紹介します。

  

《 セミナーアジェンダ 》

  ・焦点(ターゲット)を絞る

  ・市場変化への対応~成長を続けるための条件は3つ

  ・コスト、品質、スピードは差異化の要因にならないのか

  ・ブランドづくりの5つのステップ

  ・ブランドづくりのためのウェブサイトの活かし方

  ・中小企業のブランドづくりの取り組み事例

講師


IT利活用と経営管理のパートナー


石井 和人 (株)アイ・ケイ・シー 代表取締役


中小企業を中心とする販売力強化支援事業(商工団体)において、Webを活用しての販売力向上などで活動中。

経済産業省 中小企業IT経営力大賞2013、同2014 のIT経営実践認定企業を支援。


URL:http://www.ik-c.co.jp/

お問合せ先


NPO法人埼玉ITコーディネータ

セミナー事務局(担当:小暮・石井)

電話:048-710-5437

E-mail:keiei2020-saitama-itc@googlegroups.com